飲食店のアルバイトはホールとキッチンの2つの職種があり両方ともやる気と体力が必要で、メリットは大きいです。

飲食店のアルバイトで太ってしまった体験談
飲食店のアルバイトで太ってしまった体験談

飲食店でアルバイトする事ついて

飲食店のアルバイトについてお伝えします。
最初に言っておきますと飲食店でアルバイトは楽ではなく大変ですからやる気が大事です。
まず仕事内容を説明しますと、2種類あります。
ホールとキッチンです。
ホールはお客様の注文を聞いて、その注文した料理を運ぶ仕事です。
ホールはお客様に不愉快な態度を取らずに、しっかり笑顔で対応できる方に向いている職種です。
あと注文内容を記憶しておかないと、料理を効率よく運ぶことが出来ませんので、お客様を待たせることになります。
そして体力も必要です。
料理を運んだり、注文を聞きに店内を動き回らなければならないので体力がいるというわけです。
次にキッチンの説明です。
キッチンの仕事内容はまず洗い物です。
これは普通にお皿を洗うだけです。
次に料理の下準備です。
たとえばピザだったら焼くだけの状態にしておくとかそういった事をやります。
次に調理です。
調理といっても難しいことはなく、マニュアルがあるので料理がしたことがない人でも出来るようになっています。
キッチンはお昼は特に忙しいのでスピードが大事です。
お客様を待たせない事が重要になってきます。


さて、次に飲食店で働くメリットについて説明します。
まず一つ目に挙げられるのは、まかないという食事がつき、食費が浮く事です。
食費は積み重なると大変大きい金額になるのですが、飲食店でアルバイトすれば食費がかかりませんので、これは大きいメリットです。
次に挙げられるのは、飲食店でずっと働くと、あなたの就職先にしてもらえるという可能性が出てくるという事です。
飲食店について説明しましたが、重要なのは体力とやる気です。
やる気がなければ続けられません。以上で終わります。

サイトリンク